【総合プラントエンジニアリング企業として 世界へ】

工業炉

当社は1892年の創業以来、今日に至るまで多くの技術力を身につけてまいりました。お客様の大量生産化の要望にお答えし、大きなもので1,000Ton/Dayという大型ガラス溶融炉を納めさせて頂いています。 当社では、耐火物と建築金物の両性質を熟知した人材が設計を担当します。品質と寿命を考慮した耐火物選定から始まり、高温の耐火物を長期間支え続ける炉殻金物の設計まで、熱膨張などによる様々な耐火物と炉殻金物間のトラブルを避けるよう設計を行います。施工段階では、高い施工技術を身に付けた築炉技能士が工事を行わせて頂きます。

ガラス炉溶解槽内部

ガラス炉溶解槽内部

炉殻金物

炉殻金物

多品種少量の生産やガラス工芸品の制作には、るつぼ炉や小型ガラスタンク炉が用いられることがあります。小さなものでは0.1Ton/Dayという小型ガラスタンク炉を納めさせて頂いています。るつぼ炉では、一つのるつぼを炉内へ収める単独るつぼ炉や、複数のるつぼを一つの熱源で加熱する連帯るつぼ炉を取り扱っています。また、省エネ型のるつぼ炉開発にも成功しています。

単独るつぼ炉

単独るつぼ炉

単独るつぼ炉内部

単独るつぼ炉内部

連帯るつぼ炉

連帯るつぼ炉

小型ガラスタンク炉

小型ガラスタンク炉

省エネ効果や品質向上の面で、電気溶融が着目されています。電気溶融にはガラス素地に直接電流を流す直接加熱式と、電気ヒーターを使って加熱する間接加熱式があります。当社は、電気のみで溶融する全電気溶融炉、そして、燃焼式タンク炉へ能力向上のため導入するブースター設備の設計・施工を行っています。間接加熱式は、ガラス工芸用るつぼ炉にもちいられることが多く、燃料を使わないので安全面で優秀な炉と評価されています 。

全電気溶融炉

全電気溶融炉

間接加熱式電気るつぼ炉内部

間接加熱式電気るつぼ炉内部

これまでに身につけてきた多くのノウハウを活かし、ガラス分野のみでは無く、鉄・非鉄・化学分野においても納入実績を持っています。窯業という広範囲な分野で活躍するため、常に技術向上を目指し挑戦を行っています。

PAGETOP
Copyright © ihara furnace co.,ltd. All Rights Reserved.