設計部門工業炉

付帯設備

最適なシステムのご提供

電気ブースティングシステムは、ガラス炉での溶解量の増大、燃料使用量の削減、品質向上を目的として設置されます。
溶解したガラス素地の中に電流を流し、その抵抗熱によりガラス素地を加熱する装置です。
当社では電気ブースティングシステムの総てを自社で設計致します。
輸入品が主となっている電極ホルダーにおいても、当社は国内での製作実績を持っており、お客様の様々な御要望に対し、迅速にお応えすることができます。

※写真は排ガス交換弁

ブースター電極 /ホルダー
電力制御盤とトランス

ガラスレベラー概略

ガラスレベラーとは、ガラス素地面の監視装置です。 レベル検出器により、常時、ガラス素地面のレベルを測定し、その測定結果に応じて原料投入機からの投入量を調整することで、常に一定高さのガラス素地面レベルを保持します。

炉内監視カメラ

炉内カメラを用いることにより、常時、高温炉内監視が遠隔で可能となります。設備構造にもよりますが、停電時の緊急引抜にも対応致します。

制御システムの設計・施工

高温排ガスに対応した排ガスの圧力コントロール弁をはじめとし、各配管での圧力・流量を制御するコントロール弁などの制御設備と、その制御システムの設計・施工を行っています。