【総合プラントエンジニアリング企業として 世界へ】

保守点検

ガラス溶解炉本体と、そのプラント一式の保守点検を行います。
plant-1

操業中のトラブルは、生産停止や素地漏れに繋がる危険性があります。
当社は、長期間、連続して使用されるガラス溶解炉でのトラブルを未然に防ぐため、操業中の保守点検を行っています。

炉材の侵食や蓄熱室の閉塞など、炉材関係のトラブルは少しずつ進行してゆくものが多くみられます。
このようなトラブルの兆候を発見することで、早期対応が可能になり、トラブルを未然に防ぐことができます。
トラブルの兆候を見逃さないよう、定期点検も行っています。

PAGETOP
Copyright © ihara furnace co.,ltd. All Rights Reserved.