【総合プラントエンジニアリング企業として 世界へ】

高温炉内観察及び点検

1600℃の温度にも耐える特殊な観察装置(エンドスコープ)を用いて、高温状態の炉内観察及び点検を行っています。
ストレートタイプとラテラルタイプの二種類のレンズを使うことで、高温環境にある炉内の、普段、目にすることの難しい箇所まで鮮明な画像が得られます。また、観察装置はコンパクトなポータブルタイプで、簡単に観察位置や、方向を変えたりする事ができます。
観察は肉眼で覗いたり、テレビモニターに映し出したりすることが可能で、その結果は動画(ビデオ)や静止画(写真)として保存できますので、補修範囲や方法の決定、炉内の経年変化の記録に役立てることが可能です。
また、バーナーの火炎の状態を観察しながら燃焼調整を行うことで、燃焼の最適化による効率の向上が期待できるほか、炉内で加熱、溶融される原材料の様子を見ることで、原材料の適正な供給にも役立ちます。
運転中や高温状態のままで炉内の状況を確認できますので、万が一のトラブルの際にも、迅速な対応が可能となります。また、炉内の点検や観察結果により炉の生産性向上や省エネルギーのご提案もさせて頂いております。

エンドスコープ観察装置

エンドスコープ観察装置

エンドスコープ観察装置

エンドスコープ観察装置

炉内温度 約1600℃

炉内温度 約1600℃

炉内温度 約1600℃

炉内温度 約1600℃

炉内温度 約1400℃

炉内温度 約1400℃

PAGETOP
Copyright © ihara furnace co.,ltd. All Rights Reserved.